死亡保険はライフステージ・ライフスタイルに合わせて見直しが必要

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s.jpg
生命保険の中でも、死亡保険は万が一の場合に遺族の生活等を考えて加入するもので、家族の状況に応じて適時見直す必要があるものです。
結婚して子供が生まれた時に一定金額の死亡保険に加入して、子供が成長して教育費がかさむ時には補償額をアップし、子供が独立して高額の補償が不要になると、再度補償額を下げ、掛け金を削減すると言った見直しパターンが一般的です。
しかし、多くの場合には、子供が成人して大きな補償額が必要でなくなっても、補償額を下げる見直しをせずに、不必要な掛け金を払い続けている事が多いものです。
私の場合には、子供の成人、独立に合わせて高額の死亡保険を止めて、新たに葬式代程度の死亡保険に改めて入りました。
私の息子に子供ができた時、息子はズボラで死亡保険に加入しても見直しをする事はないだろうと、収入保障保険と学資保険に加入する事を勧めました。
これなら、万が一の場合に月々一定額の保険金が遺族に支払われ、非常に分かりやすく、また子供の大学などへの進学に向けた学資は別途手当てする事で、見直しの必要性がなく、また非常に分かりやすいと考えたからです。
フィナンシャルプランナーなどの専門家の意見は分かりませんが、自分の死亡保険の見直し経験から、これも1つの方法だと思っています。