確実な死亡保険金を確保するための死亡保険の加入方法の体験談

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s.jpg
死亡保険の加入の仕方についてお話ししたいと思います。
まず死亡保険は被保険者(保険の対象となる方)が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険のことを指します。
死亡保険には特約で被保険者が余命宣告を受けた際に事前に死亡保険金の一部を受け取れるものもあります。
これは被保険者自身のために使うことも可能です。
家をバリアフリーにしたり、被保険者が亡くなる前にしたかったことに使うのも有意義です。
加入時にはよく確認することが必要となります。
また、私の経験上からのお話となりますが、死亡保険に特約(入院や通院等)をつけることをお勧めしません。
理由は以下の通りです。
まず、死亡保険金の保険料(毎月契約者が保険会社に支払うもの)を支払うのが困難になった際、死亡保険金額の引き下げを検討すると思います。
その際、特約である入院や通院の補償額も付随して引き下げられる場合があります。
年を重ねればそれだけ入院や通院の不安が大きくなります。
そんな時に主保険と特約が一緒だと引き下げたくてもできない…かなり困ることになります。
死亡保険金単体と医療保険に分けることが私のおすすめの加入の仕方です。