万が一の時の保障の必要額・死亡保険金はいくらで加入する?

ce8e2d6081c9543ebb2bacbf39e62566_s.jpg
死亡保障はどれくらい必要でしょうか。
死亡保障というのは年齢で必要な金額が変わってくると思います。
若いうちは死亡するリスクが低いため大きな保障を掛ける必要はないでしょう。
逆に子供の大きな死亡保障が掛かっていたら、事件性を疑われてしまいそうです。
一線を退いてセカンドライフを送る高齢者も子供も独立し、住宅ローンも終わっていれば死亡保障は最低限に減らしてもいいと思います。
大きな保障が必要なのは働き盛りで子供が小さい場合です。
万が一に備えて大きな保障に加入する必要があるでしょう。
前出の高齢者ですが、仕事を定年退職するときに、保険の見直しをして死亡保障を軽減するといいと思います。
年金生活になれば、収入が減るわけですから支出を軽減しなければいけません。
払込済でなければ死亡保障は軽減していいものと思っています。
自分が死んだあとに迷惑が掛からないようになどと言う高齢者は多くいます。
ただ、何千万も残す必要はありません。
葬式代とお墓を建てる金額だけでよいのではないでしょうか。
その分、自分の残された人生のために使うほうがいいのではないかと思います。